性病にならないための心得!|検査が健康の鍵を握る

男女

医師に診察してもらう

医者

医療機関で性病検査を受けようと考えている方は、東京の医療機関へ行った方が良いです。HIVの検査も任意で受けることが可能なので、念のために受けることが出来ます。症状がない性病の結果を知ることも可能です。

詳細を確認する...

簡単だから安心

男性

性病の種類に分けて検査をすることが出来るので、性病キットは持っていた方が良いです。梱包されており本人しか分からない状態な上、説明書もあるので初めて使用する方も安心です。

詳細を確認する...

感染を防ごう

男女

避妊をしない、オーラルセックスをする行為が原因で性病になってしまうことがあります。避妊は赤ちゃんが出来ないようにするだけの効果だけでなく、性病対策もできるので頭に入れておく必要があります。近年はオーラルセックスをする方が多く、性器の粘膜などに付着をした菌が、咽頭に感染して性病になる方も多くなってきました。性病は性器だけでなく咽頭や口腔内などにも感染をしてしまう可能性があるので、注意をした方が良いです。行為に心当たりのある方は、検査を受けて安心感を得た方が良いです。医療機関だけでなく、自宅で検査キットを使用して簡単に検査を受けることが出来るようになっているので、自分で出来る方法を選択して定期的に検査はするようにした方が良いです。

医療機関だと医師に診察をしてもらうので、診察中の体勢が恥ずかしいと思う方多いでしょう。そういった方は自宅で検査キットを使用して調べた方が良いです。血液検査が出来るタイプや口腔内や性器の粘膜を採取するタイプなどあり、調べたい項目によって検査方法を変えることが可能です。注射は通常痛いですが、検査キットは針が細いので痛みを感じません。気軽に検査を受けることが出来ます。定期的に検査を受けることで、パートナーとの性行為も安心して行なえるのです。性病は二次感染する可能性が高いので、感染させないためにもしっかり検査は受けるようにしましょう。あらゆる種類の性病があるので種類別の特徴を理解していると、もしかすると自分は感染しているのか。と気付くことが可能です。

結果が届いた後の行動

医者

検査をしたあとは結果が届くようになっているので、その結果に伴った行動をするようにしましょう。性病検査は1人でなくパートナーとした方が、確実に性病にならないように注意することが出来ます。

詳細を確認する...